チャレンジキッチン丸の内2014

服部 幸應(はっとり ゆきお)/服部栄養専門学校 校長

(公社)全国調理師養成施設協会会長、(一社)全国栄養士養成施設協会副会長、内閣府「食育推進会議」委員、「早寝・早起き・朝ごはん全国協議会」副会長など厚生労働省・農林水産省・文部科学省の委員、昭和大学(医学部)客員教授、東京農業大学客員教授、東京大学(総合癌研究国際戦略推進)講師、他多数。著書に「食育のすすめ」(マガジンハウス)、「なぜ、好きなものだけを食べてはいけないの?」(シーアンドアール研究所)、「食べて元気!」(デアゴスティーニ)、その他多数。

                        

唐渡 泰(からと やすし)/リュミエール オーナーシェフ

数々の名店、ホテルで修業、料理長を務める。2006年大阪・心斎橋に「フレンチレストラン リュミエール」を開業。開業1年目に「ザガットサーベイ」でトップランキングを獲得。シェフとして第一線で“野菜の美食”をテーマに自身の料理を追求しながら、レストラン経営、飲食事業のプロデュースを行う。今春、東京・丸の内に「アルカナ東京KARATO」、大阪・梅田に「リュミエール大阪KARATO」を新規出店し、現在、大阪にレストラン3店舗、ティーサロン2店舗、伊豆にオーベルジュ、東京にレストランを展開。 2010年~2013年「ミシュランガイド京都大阪神戸奈良2013」では4年連続星を獲得。

山本 侑貴子(やまもと ゆきこ)/食空間プロデューサー

結婚後趣味で始めた料理やおもてなしが評判となり、1999年にテーブルコーディネートの楽しさを伝える「dining&style」を自宅でスタート。店舗プロデュース、商品開発、イベントディスプレイ等のスタイリングを手がける他、雑誌やTVなどで活躍中。ワイン、シャンパーニュにも造詣が深く2008年にはフランス、シャンパーニュ騎士団からシュヴァリエを叙任。共著に「パリスの審判 カリフォルニア・ワイン VS フランスワイン」(日経BP)、 著書に「わたしのおもてなし~Welcome Table」(アスペクト)など。

大槻 篤(おおつき あつし)/東京カレンダー 編集長

「LEON」「GQ JAPAN」など、数々のクオリティライフスタイル情報誌副編集長を経て、2013年2月「東京カレンダー」プロデューサー兼編集長に就任。日々更新される首都圏のダイニング情報を軸に、トレンドファッション、雑貨など東京で輝くためのライフスタイルを発信中。

澤田 充(さわだ みつる)/チャレンジキッチン プロデューサー

株式会社ケイオス 代表取締役。株式会社リクルートを経て、街づくりの視点から地域活性・住環境・商環境・ブランディングを事業領域とするケイオスを創業。生活者の視点からのマーケットクリエーションを得意とする。主な実績として、東京丸の内「新丸の内ビルディング」「トキア」「KITTE」、東京有楽町「大阪百貨店」、大阪梅田「グランフロント大阪」「UMEKITA FLOOR」、大阪中心ビジネスエリア再生プロジェクト「淀屋橋WEST」、「北船場茶論」等。料理人の独立のためのオープンな仕組みをつくりたいと考え、2005年に第一回チャレンジキッチンを企画。街づくりやマーケットに関連する分野で活躍中。


↑ページトップ